BIG-1 オーナーズクラブ

BIG-1について

“BIG-1オーナーズクラブ”、このネーミングを見て下さい。 CB1000SFが発売開始された 1992年当時の初期メンバーの皆さんは覚えていらっしゃるかと思いますが、 このネーミングになったのは、 CB1300SFが発売された1998年のことであり、 それまでは“CB1000SFオーナーズクラブ”でしかなく、サブネームとして“BIG-1オーナーズクラブ” の名前を付けていたということを。 つまり、そこまでしてCB1300SFをこのクラブに入れることになったのは、 他でもありません、ホンダ技術研究所・朝霞研究所のBIG-1生みの親であり、1300に関してもプロジェクトリーダーであった 「原 国隆」氏のひと言があったからなのです。
「1000も1300も、わたしは同じBIG-1コンセプトで開発しました。つまり、1300は1000の正統後継機種ですから、 ぜひ1300もオーナーズクラブに入会資格を与えてあげてください」 確かにCB1300SFにつきましては、 車体のどこにも“BIG-1”のイニシャルは入っておりません。このことで、当初は「1300はBIG-1ではない」 という考え方をされていましたが、プロジェクトリーダーのおっしゃる“BIG-1コンセプト”、そしてカラーリング、 車名から言っても文句無くBIG-1シリーズということで、まさに兄弟モデルであると認知され、今日に至る次第です。
ですから、CB1000SF、CB1300SFいずれのモデルについてもそのオーナーであれば、同じBIG-1乗りとして “BIG-1オーナーズクラブ”に入会される資格があります。この点について異存はないはずです。そんな中で、 やはりCB1000SFがあったからこそ、このクラブも出来た訳ですし、そういった意味では、「元祖は1000だ」 という個々のメンバーの思い入れは当然あるとは思いますが、それはあくまでその人個人の考え方であって、 クラブの主旨とは全く異なります。それは、カワサキのZがいい例ですが、Z1/Z2があってこそのZ1000MKU であるのとなんら変わりなく、同じ延長線上にある、それもかなり直近の兄弟というひとくくりで成り立つのが我が “BIG-1オーナーズクラブ”なのです。 それは、ホンダから“X4”、“X-11”が発売された時にも 「この2台も入れてくれませんか?」という依頼がオーナーから多々ありましたが、これはさすがに違うモデル ということで却下させていただいています。原氏から「この2台もわたしが手をかけたモデルですが、 あまりにも違うからいいですよ」との返事もいただいております。 ということで、“CB1300SFも立派なBIG-1だ” とここで改めて宣言します。
ただ、これまで見て来た中で、1300オーナーは1000のオーナーに較べて台替えサイクルが短いような気がします。 出来れば「オレにとって最高のバイクはBIG-1!」という思い入れと熱意を込めて末長く乗り続ける気持ちで参加 していただけるとさらに盛り上がると思います。

BIG−1オーナーズクラブ事務局